FACTORY BLOGFACTORY BLOGファクトリーの情報を投稿しています!

【T3ヴァナゴン】リアゲートカスタムでオーバーランドスタイルに!

ヴァナゴンをカスタムしてオーバーランドな印象に

ワーゲンのT3ヴァナゴンってほんと可愛い車ですよね!

カクカクしたデザインでレトロ感満載。車内も広々で何をするのにもちょうど良い!

ヴァナゴンはモデルも充実しており、一般的なバンタイプから本格派なキャンピング仕様車まで色々なニーズに応えてくれます。

 

もちろんヴァナゴンはそのまま乗っていても十分お洒落で個性的♪

ですが、オーナー様の中には「もっと自分らしくカスタムした!」と思う方も多いはず!

 

そこで今回はフォルクスワーゲン T3 ヴァナゴンをオーバーランドな印象にする最適なカスタムパーツをご紹介させて頂きます!

キャンプなどのアウトドアが大好きな方は必ずハマるカスタムかと思いますので是非最後までご覧くださいね♪

 

ハーフスイングタイヤキャリアがとにかくカッコいい

GAKUYAがおすすめしたいオーバーランドカスタムのひとつとして、最近取付施工をさせて頂きましたハーフスウイングタイヤキャリアがあります。

このパーツは簡単に言うと、スペアタイヤを積んでおく後付けフレームです。

フレーム中央にはボルト取り付け用の穴あきステーがついていますので、スペアタイヤや貯水タンクなど様々なものが積載可能です。

このタイヤキャリアを取り付けることで、一気にオーバーランドな雰囲気を醸し出してくれます。

 

ハーフスイングタイヤキャリア取付方法

セット内容としてはこんな感じ。

比較的パーツの量も少なくシンプルな構成となります。

シンプルな構成なので、DIY取付も可能ですが、取付にはボディへの穴あけ加工が必要となります…!

これがなかなか勇気のいる作業となります…

※海外パーツのため、付属ボルト類が全てインチ工具となります!ご注意くださいませ。

 

ボディへの穴あけ加工

ボディへの穴あけの準備として、まずは加工箇所にマスキングテープを貼っていきます。

マスキングテープを貼る理由としては「穴あけ箇所のマーキングを施すため」「加工時に他の箇所に汚れや傷がつかないようにするため」があります。

マスキングテープを貼り終えると次はタイヤキャリアのベースとなるステーの取付位置確認です。

ステーの手前側をご覧頂くとステーに5箇所穴が開いているのが確認できます。

ここが穴あけポイントとなるので、この初めの取付位置確認は特に慎重に行います!(ズレた個所に穴を開けてしまうと取り返しがつきませんからね…)

位置が決まったので、穴あけ開始!!

緊張の一瞬ですが、ここで変にためらってしまうと失敗するリスクが高まりますので、思い切っていきましょう!!

ボディへの穴開け加工が完了しました。

ついにやってしまった~となる瞬間です笑

きちんとステーの取付穴と合うかとても心配です…

 

ステーの取付

穴あけ加工が終わると次はいよいよタイヤキャリアのステー取り付けです。

構造としては、先ほど穴を開けた個所とこのリアのエアダクトの中からステーを滑り込ませ、中と外からボディを挟み込むイメージです。

ボディ内部用のステーをエアダクト内に滑り込ませます。

このように中に滑り込ませて

外側のステーと位置を合わせながら中側のステーを固定していきます。

位置が決まるとボルトで固定していき一旦完成です。

※オオニシが座り込んでいますが、休憩しているわけではございません…笑

リアゲートを閉めるとこんな感じ

もうこれだけで雰囲気出てきましたね~!

品質も良いのでチリ感も完璧ですね!

 

メインフレームの取付

ここまでくれば折り返し地点!

メインフレームをボルト2か所で留めているだけなので、簡単です!

取り付けるとこんな感じ。

筆者ワタナベ的にここのボルトやスペーサーの無骨さがたまらんです!!(←そこ??)

ボルト固定するとこんな感じ!

ほら、ボルトやスペーサーの無骨な感じがたまらないでしょ!?(もうそこはいい)

ここまでくれば大分形になってきたので、完成ももうすぐです!

 

メインフレーム固定機構取付

ここまで取付できましたが、このままではメインフレームがぶらんぶらんのままですのでリアゲートにガーーン!と当たってしまいます。

それう防ぐために固定機構(ロックシステム)が付いています!

それがこちらのパーツ!

構造としてはドアのロックシステムと似たような感じなので、使い勝手も抜群です。

早速取付!と行きたいところですが、ここでもボディへの穴あけ加工が必要になります…

お写真を見て頂くと何となく気付かれる方もいらっしゃるかと思いますが、このパーツを取り付けるのにも穴あけをしないとボルト固定ができません…

というわで早速先ほどと同様に穴を開けていきます!

ここでも思い切りが大事ですので、ためらわずに行っちゃいましょう!

ちなみにここの穴あけ位置がズレてしまうとロックがうまく噛まず、固定が難しくなりますので慎重に穴あけ加工してくださいね。

こちらは先ほどのステーの裏側(エンジンルーム内)ですが、取付方法としては先ほどのメインフレームステーと同様にボディ外側と内側でボルト固定となります。

ステーの取付が完了するとこんな感じ!

ここでロックが正しく固定されるか試します。緊張の一瞬です。

カチッ!

いけました!!無事にロックが作動!

メインフレームの固定も無事に完了です!

ちなみにロック上部中央に付いているレバーがシルバーの「開閉レバー」とゴールド「ロックレバー」です。

シルバーのレバーでメインフレームの開閉が可能になり、ゴールドのレバーで施錠が可能です。

ゴールドのレバーを下に下げている限りはメインフレームの開閉は行えませんので安心です。

 

ハーフスイングタイヤキャリア取付完了

ついにハーフスイングタイヤキャリアの取付が完了しました。

どうでしょうか?

めちゃくちゃかっこよくないですか??

雰囲気も一気に変わりまさにオーバーランドな印象に!

リアゲートにアクセスするにはまずこのスイングキャリアを展開してからにはなりますが、そんなひと手間も惜しくないくらいかっこいい!

ここにスペアタイヤはもちろん貯水タンクなど積んでいてもかっこよさそう…!

ハーフスイングタイヤキャリアを付けてより個性的に。

あなたらしいヴァナゴンが出来上がります!

 

GAKUYAではこのようなパーツも本国よりお取り寄せ可能です。

気になるパーツやアクセサリーがある方はGAKUYAまでお問い合わせくださいませ。

もちろんハーフスイングタイヤキャリア取付施工もGAKUYAで行っておりますので、是非ご相談下さいませ。

 

TEL 072-980-2468

MAIL:parts@e-gakuya.com

 

GAKUYA

ワタナベ